『Leather Craft 5160』

『Leather Craft 5160』 革細工で個人工房をやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

化石×革

革細工を始めて早くも2年が経とうとしてます。


私は、人に物語を直接教わるのは、どうも性に合わないんで、全て見様見真似の独学でやっています。


そんなせいか、基本的な知識が乏しく行き詰まる事もしばしば。。。

良く言えば革細工に対する固定概念が無い分、自由に革細工を満喫している日々でもあります。


これは、先日、作った異色の作品。






アンモナイトの化石を革に埋め込んでみました。



数ヶ月も前に東急ハ○ズで衝動買いをしてしまい、使い道も無く放置していたアンモナイトのスライスされた化石。

色合いが気に入ってついつい購入して以来、ずっと引き出しの中で忘れさられ、さらに長い月日、日の光に晒される事な長いく眠りについていました。



ある日の深夜、引き出しを整理していると!?


アンモナイトが!!

その瞬間、閃きが!!?



革をカットしてアンモナイトの形に合わせくり貫き染色をして、さぁ瞬間接着剤を…‥!?


部屋中を探すも、無く。。。途方に暮れる事、数分。


次の瞬間に小銭を握り締め深夜のコンビニにgo!!


接着剤を購入し、そそくさと帰宅。
くり貫いた革に瞬間接着剤で!!

見事にfit!!


でも、接着面が少なく頼りないのでリキテックスのメディウムで裏から補強。







バッチリ!!







アンモナイトは蛋白石化(オパール)しており光に翳すと鈍く、それでいて暖かい光を乱反射させてくれます。












悠久とも云える時の中、変わらない輝きを得るために、深い土の中、少しずつ変化していったアンモナイト。



固定概念を取り払い(元々無いのですが)私の中で革細工は変化して、また1つ革の持つ可能性を見つけ出しました。




今日も、私の胸元で日光を吸収し鈍く暖かい光を放っています。









最後まで読んで頂きまして、有り難うございます。

只今、ランキングに参加しています。
宜しければポチっとお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
スポンサーサイト
  1. 2011/05/29(日) 04:52:59|
  2. 革細工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ガラス玉×革 | ホーム | フェザーチャーム>>

コメント

maidenさん

はじめましてm(_ _)m
コメントありがとうございます♪

ちょっとユニークな作品でしょ!?


実際に身に付けてると

「何それっ!?」

って、感じで必ず聞かれます。

ぜひ、また来て下さいね〜♪
  1. 2011/05/31(火) 09:47:48 |
  2. URL |
  3. 5160 #-
  4. [ 編集 ]

素敵ですね!

ガラス玉の写真を発見して、記事を見せて頂きました♪
ガラス玉の、光を通す感じも素敵ですけど、
これは素晴らしいアイデアですね!

とってもキレイです♪
  1. 2011/05/31(火) 09:19:51 |
  2. URL |
  3. maiden #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://leathercraft5160.blog.fc2.com/tb.php/10-d56dae0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。