『Leather Craft 5160』

『Leather Craft 5160』 革細工で個人工房をやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

龍ハーフウォレット制作過程


ここのところ、イベント出店を中心に活動していたので、溜まりまくった依頼の品を、作る時間が欲しく、7月と8月はイベントの出店を控える予定にしています。


次回のイベント出店予定は、9月の大阪南港ATCの
『アート&てづくりバザール』
の予定でいます。



ご依頼を頂いている品は出来る限り、この期間中に制作してしまう予定ですので今しばらくお待ち下さいませm(_ _)m







本日は、現在制作中の作品の1つの制作過程をご紹介させて頂きます。





『龍のハーフウォレット』







まずは、デザイン画の段階で候補を2枚描いてみました。






































ご依頼主に選んで頂いて、後者のデザインに決定。







これをトレーシングシートに写し、革にトレースしてスーベルナイフでカット。
















デザイン画の際には鱗は雰囲気だけでしたが、革にカットする際には、鱗を一枚一枚カットしています。







これだけの鱗となると、叩き込むのを考えただけで…‥(^^;)






そして叩き込み。





まずは、ベベラで。













これだけ細かいデザインに成ると、通常の刻印では叩けないので、市販の刻印をルーターで加工したオリジナル刻印にて。




約1/4を叩いたところで集中力が途絶えました(T_T)




これだけ叩くだけで、約5時間くらいかかってるかな!?














その後、完成後の雰囲気を確かめたく、バックグラウンドとモデラを使い叩き込んだ部分だけ、より完成に近い状態に。






と、今日は、握力が落ちて来たので、これ以上叩くと手元が狂う可能性があるので少し休憩。




違う作品の染色作業に移ります。






やっぱり、トレースにカットにカービング。
どんなに頑張っても、途中で休憩を挟んでも1日12時間以上の集中力は持ちませんね(^^;)



まだまだだな。。。










現在は、ネット販売等は致しておりませんが、ご注文頂けましたら制作販売しておりますので、お気軽にご相談下さい。
(また、一部商品に関しましては在庫の有るものに限り販売させて頂いております。)

ただし、全てハンドメイドで行っておりますので、ご注文後、暫くお待ち頂ける様お願いいたしております。

商品に関するお問い合わせは
leathercraft5160@art.zaq.jp
または、コメントを非公開にしてお問い合わせ下さいませ。

最後まで読んで頂きまして、有り難うございます。

只今、ランキングに参加しています。
宜しければポチっとお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
スポンサーサイト
  1. 2012/07/12(木) 02:34:20|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<龍ハーフウォレット制作過程② | ホーム | お気に入り。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://leathercraft5160.blog.fc2.com/tb.php/130-0022e7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。