『Leather Craft 5160』

『Leather Craft 5160』 革細工で個人工房をやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嫁入り



昨日、私の子供が、予定より1日早く嫁入りしました。



もちろん、子供って言っても作品(龍のロングウォレット)の事ですょ(^^;A






本当は、今日、月曜日に嫁入りする予定やったんですが。




急遽、ご依頼主様から連絡が入りまして、夕方にお渡しに行って来ました。









思えば、ご依頼主様とイベント先で知り合ってから、半年近くの時間が。



ご依頼を頂いてからも、随分とお待たせしてしまいましたが、私なりに納得のいくモノを作りたくて。

私の我が儘にお付き合い頂き長い間お待たせしてしまいました。



今回の作品は、ご依頼主様の事を考えて、使う石を厳選してしまったので、それだけでも時間が掛かってしまいました。

石自体の加工も行いましたので、更にお時間を頂戴してしまった始末。




それでも、ご依頼主様は、作品を手にして頂いた時の、お顔を拝見した瞬間、全ての苦労は、心地よい疲労感と共に至福の瞬間に変わりました。
(その後は、時間を忘れて、色んな話をしてしまいました。)







この瞬間の為に、生きている。







例え、ご依頼主様が遠方の方だとしても、小包を開けて手にした瞬間を想像する。




その時の幸せは、どんな快楽でも満たしてくれない、幸せの時間です。






勿論、イベントで直接、ご購入して頂いた瞬間も同様の幸せです。








技術では、まだまだ10年20年と革細工をやって来た方には劣るかもしれませんが、作品1つ1つに掛ける思いは、誰にも負けないと云う気持ちを込めて。





自分の子供(作品)が、ご依頼主様、お客様に満足して手にして頂いた瞬間を想像して、今日も作品を作り続けています。














今夜もインコのロングウォレットを叩き込みました。






























インコの尻尾などには、肉眼では一見すると分からないくらいのカットを入れています。





このまま、コーティングをしてしまうと正直潰れてしまうほどの深さです。

0.1~0.3mmほどの傷。


羽の一枚一枚の繊維をカットしています。




潰れてしまうなら意味ないやん!?
と、言われる方もいらっしゃいますが。。。

この傷が、染色をした際に染料を通常の銀面より、余分に染料をしみこませてくれますので、色の深みを演出してくれます。




ただ、それだけの為に。






それならブァフィングすればイイと言われしまいそうですが、それでは、羽には成らないんです。




勿論、私の自己満足かもしれませんが。








リアルを求めている訳では有りません。



ただ、その方が、綺麗に見えるから。







これが、私の拘りです。












これからも、拘りを持ち続け、より技術の向上を目指していきます。





現在は、ネット販売等は致しておりませんが、ご注文頂けましたら制作販売しておりますので、お気軽にご相談下さい。
(また、一部商品に関しましては在庫の有るものに限り販売させて頂いております。)

ただし、全てハンドメイドで行っておりますので、ご注文後、暫くお待ち頂ける様お願いいたしております。

商品に関するお問い合わせは
leathercraft5160@art.zaq.jp
または、コメントを非公開にしてお問い合わせ下さいませ。

最後まで読んで頂きまして、有り難うございます。

只今、ランキングに参加しています。
宜しければポチっとお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ




スポンサーサイト
  1. 2012/07/23(月) 03:50:46|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インコロングウォレット完成過程② | ホーム | インコロングウォレット制作過程①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://leathercraft5160.blog.fc2.com/tb.php/137-081fbf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。